登録販売者試験合格への道

目次

登録販売者とは

みなさんは登録販売者というお仕事をごぞんじですか?

たとえばTVでおくすりのCMをよく目にすると思いますが
タレントさんの声で「ポンピーン」とか聞こえてきますよね?
画面をみると
タレントさんのお顔のアップの下の方に
「第2類医薬品」とかのテロップが出ています。

一般用医薬品販売のための専門資格です

登録販売者とは、平成21年6月に設立された、カゼ薬や解熱剤とかの
一般用医薬品(第2類・第3類に限ります)の販売を行うための専門資格です。

要するに
薬剤師さんがいない時でも
CMに出てくるような一般用のおくすりが販売できる専門家のことですね。
(一部の育毛剤とか胃薬などの第1類医薬品と要指導医薬品はできません)

さて
この資格にはどのような
メリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット

  1. 薬剤師がいなくても一般用のおくすりが販売できる専門家
  2. 薬局やドラッグストアをはじめホームセンターなどでも求人需要がある
  3. 一度試験に合格すれば有効期限はない
  4. かずある資格試験の中では比較的合格しやすい
  5. とりやすいが手当がついたり優遇されることが多い

デメリット

  1. 試験に合格しても2年以上の実務経験がなければひとりでは販売できない
    • 名札などには「登録販売者(研修中)」などの表記をしないといけない
  2. 1日立ち仕事なので人によりきついと感じるかも

こう見るとあまりデメリットは感じないですね。
平成27年度から受験資格が変わり
実務経験・学歴などはいらなくなりました。

私は以前からこの資格に興味をもっていました。
でも
ドラッグストアに勤めた経験がなかったのであきらめていました。

それが誰でも受験できるようになったのです。
がぜん勉強意欲に火がつきましたよ。
(とはいえ、そのことを知ったのは2年前でしたが)

そして

私は令和元年に登録販売者試験に合格しました!

どうやって合格出来たのか解説します。

受験すると決めてから

いざ受験と決めたら

  1. 受験申込
  2. 試験の準備
  3. 試験勉強
  4. 受験当日
  5. 合格発表

のながれで進めていきました。

1.受験申込

お住まいの地域の全国各都道府県ごとによって
(地方でブロック分けされています)
試験日がちがいます。
詳しいことは各県のホームページにて発表されています。

試験は年一回しかありません。
受験料も全国一律ではありません。

ドラッグストアの店員さんなどで
会社命令で受験する人とか学生さんは
万全を期していくつかのブロックをまたいで
受験する人もいるようです。

ちなみに
試験地によって合格率にかなり差があるのにビックリです。
(低いところは20数%台から高いと60%手前までとはば広い)

比較的北海道・東北ブロックは合格率が高いようです。
私のところは40%台でした。

ただ
2020年度はコロナウイルスの影響で
県をまたいでの受験はひかえるように注意されています。

また
延期だったり見送りのところもあったりして
まだハッキリとした事が決まっていないところもあるようです。

願書はホームページからダウンロードできます。
写真もいるので用意してください。

2.試験の準備

試験の準備として学習方法をどうするかです。

  • テキスト&過去問を購入する
  • 通信教育

基本この2通りありますが
私は書店で購入パターンをえらびました。
あまり資金がないのと
テキストと過去問をじっくり見て
「何だかいけそうな気がする~♪」と
頭の中でリフレインしたからです。

テキストを購入する

テキストはだいたい試験の2か月半前に買いました。

ユーキャンのもので「ちょっとずつ31日で一発合格」というのと

「一問一答&要点まとめ」というコンパクトサイズのもので
もち運びに便利なものとの2冊買いです。
シリーズものだと連携もよくGOODですね。

選んだ理由は

  • カラーで見やすく医療用語解説もあり分かりやすい
  • 重要部分はついてくる赤いシートでかくして覚えられる

パッと見て自分が分かりやすいのが一番ですよね。

通信教育

通信教育にはテキストだけではなくCDがついていたりして
耳から聞いて覚えられたり
オンラインで授業をみられるものもあるようです。
通勤時間とかでも耳で覚えられるのは
効率いいでしょうね。

3.試験勉強

実際勉強しはじめたら
年齢のせいか
はたまたもの覚えが悪いのか
頭に入らないんですよね~。

仕事をして(私はダブルワーカーです)家事をして
そこへ学習時間をとるのが難しくて。
夜テキストを開けるといつのまにか
寝おちしていたというのも多かったです。

そこで考えたワザが

  • 夜は寝おちするので昼間の勉強時間もとる
  • たまには環境を変えてみる
  • 他にいいテキストがあるかも?

この3点です。

夜は寝おちするので昼間の勉強時間もとる

少しでも起きているあいだに勉強しようと思い
コンパクト版を職場にもちこみ昼休みに読んでいました。
テキストの表紙カバーは裏返して
白地にして見ていました。
(同僚に知られないように用心w)

たまには環境を変えてみる

仕事が休みの日は環境を変えようと思い
図書館に行きテキストをもちこんで勉強しました。
静かなので集中できて2時間半くらいは勉強できました。

やはりまわりの環境って大事です。
場合によってはカフェとかもいいですね。
要はふだんとちがう状況に行くということです。

、、、ところが

試験まであと一か月を切ったころに
あせってきました😓
カタカナの薬剤名がなかなか覚えきれないのです。
しかもよく似た名前なのですよ。
また出題範囲が広いので
覚えられる量も細かいところまでは回らなさそうです。
最初「何だかいけそうな気がする~♪」と
リフレインしていたのに、、、です。

そこで・・・
テッテテ~~♪

他にいいテキストがあるかも?

この子の出番です。
急いで買い足しました😃

こっちで要点をねらいうちして
もう少し深いところはユーキャンの方でという感じです。

イラストの交感神経と副交感神経のちがいが分かりやすかったので
このテキストを選びました。

4.受験当日

いよいよ試験当日です。
あわてないためにも次の点に注意しておきましょう。

  • 準備物は前日の夜に用意しておく
  • 時間に余裕をもたせる
  • 最後のわるあがきをするw
  • 自分なりの時間配分に気をつける
  • 問題用紙に答えをメモしておく

受験票や筆記用具・時計などは前日の夜に準備しておく
当日はゆびさし確認だけで完ぺきです😃

この地方の試験の開始時間は12時30分。
会場まで車で1時間くらいですが
余裕をもって朝9時に家を出ました。

電車で行く場合は車内でも勉強できるでしょうね。

開場時間まではホールで過去問チェックし(すわる場所がない時は車内で)
着席してからもチェックしようと思っていましたが
試験の説明が多く時間はほとんどとれませんでした。

試験自体は前半と後半で分かれていて
解答はマークシート方式です。
私は問題の方に答えの数字を〇して
あとで写しまちがいのないように解答用紙にマーク
していました。

前半はこれでよかったのですが
後半とちゅうで時間が足りない気がしたので
直接解答用紙をぬりつぶしていく戦法に切りかえました。

これが功を奏して全問とけました。

もちろん自己採点用に
問題用紙に答えは残してありました
よ😃

5.合格発表

解答速報は2日後くらいに検索できました。
120点満点のうち99点。
合格ラインの70%が84点なので
それ以上はとれています。

それと
各試験項目の最低ラインである35%をとらないと
全体で70%とっていても不合格になるらしいのですが
それもクリアしています。

やったぁ~~~!(たぶん)

でも
合格証書がくるまでは安心できません。
正式に発表されるまでの一か月半ものあいだ待ちくたびれて
ろくろ首に、、、ならなかったですが
それにしても長かったです。。。

その後無事に合格証書も送られてきて
願いはかないました。
試験中わりと早くから退場する人がめだっていて
「みんなもう解けたんだー😓」と少しあせりましたが
合格率をあとから見ると
あきらめて出ていった人もいたのかもしれません。

努力のあかし

合格してから

実務経験がないとひとりでは販売できません

以前は正規の登録販売者になるには
薬剤師や店舗管理者となれる登録販売者のもとで

過去5年間のうち通算2年以上、ひと月80時間以上の
薬事業務の実務を積むことが必要になっていました。

このひと月80時間以上の実務というのが
ネックでした。
私にはなかなかその要件を満たすのが難しいのです。

ところが
平成27年4月以前に試験に合格した
登録販売者の実務経験などの経過措置の延長にともない
令和2年3月27日に
あらたに管理者要件の実務・業務経験について
改正されました。

  • 従事した期間が過去5年以内に通算2年以上ある
  • 従事した時間が過去5年以内に合計1920時間以上ある

つまり

過去5年間のうち2年以上であればひと月の従事時間が短くても
正規の登録販売者になれるという事です。

より登録販売者になりやすくなったのは嬉しい事ですね~😃

勉強中の反省点

私は過去問は購入しなかったです。
それぞれのテキストについている過去問だけで
問題のパターンはつかめると思ったからです。

ところが
テキストについている過去問を
全部やり終えていませんでした。
あれをちゃんとこなしていれば
もっと点数はとれたと思います。

ただ
過去問にたくさん時間をついやすよりも
基本のテキストをしっかり覚えた方がいいような気がします。

また
問題文の独特ないいまわしに気をつけてください。
よく読むと過去問とニュアンスが変わってい

カン違いしてしまいがち
です。

さいごに
学習期間は3か月くらいにしぼったほうが
集中して覚えられると思います。

おわりに

たとえ
資格がとれてもとれなくても
学習したことはムダにはなりません。
自分や家族のためにも
おくすりの知識があるのはすごく役立ちますよ。

私も今は違う仕事をしていますが
転職するときに少しはメリットになりそうです。

そんな魅力のある資格に
あなたも挑戦してみてはいかがですか?😃

よかったらシェアしてね(*´▽`*)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次